Wi-Fiによってインターネットの接続が様々な場所で可能です

自宅やネットカフェなどに限らず、インターネットはWi-Fiを利用することにより、いつでもどこでも自由に扱うことができます。Wi-FiとはWirelessFidelityの略で無線のLANの規格の一つです。このWi-Fiがあることによって異なる製品の間でも共通して無線の通信が可能になりました。

無線接続の方法としては他にもBluetoothなどが一般的なものとしてありますが、Wi-Fiのほうが高速な通信が可能のため、インターネット接続する場合にはこちらのほうが多く使われます。

Wi-Fiがあることで、自宅にあるパソコンやタブレット、スマホなどを無線などでインターネットに接続することができますし、プリンタや外付けのHDなどを無線でパソコンとリンクさせて利用することもできます。これらを無線化することで、場所を構わずに使うことができますし、プリンタなどを多くのパソコンで共用することが簡単にできるわけです。

そして、現在では家の中だけではなく、公共の施設や屋外などの様々な場所でWi-Fiを利用できるところが増えてきました。こうした場所はWi-FiスポットやフリーWi-Fiなどと呼ばれ、いつでもどこでも気軽にインターネットにアクセスできるので、それを目的に集まる人もいます。

また、ファストフード店やコンビニ、ファミレスなどでWi-Fiスポットを行っているところもあり、場所によってはそこでしか手に入れられないゲーム上のアイテムがあったりもします。最近のゲーム機などはWi-Fi接続をすることが可能ですから、子供がそれらの特典を使ったりするわけです。加えて、外で使えるWi-Fiスポットのすべてがみんな利用できるものではありません。誰もがフリーで使用できるWi-Fiスポットもありますが、特定のネット事業者や携帯会社と合意していなければ使えないWi-Fiスポットもあります。

更新情報