インターネット上でシステムエンジニアは大事な役割を担っています

情報化社会の進歩に伴い、企業活動においてシステムエンジニアの役割は非常に重要なものです。人事、総務、営業、開発ほかマーケティング、さらにはピーアール活動すべてにおいてシステム技術者の構築が基礎になってこそ、アクションが成立しているのが分かります。

現在、理解しやすいものでは、マイナンバー制度ではないでしょうか。国の社会保障加えて税制度がマイナンバー制度と企業に紐づくことになると、もともと用いている企業としての福利厚生制度と連携、合体させなければなりません。

企業のトップは方針だけもちろん、福利厚生制度とマイナンバー制度を合わせよとしか出しません。次はインターネットの構築を含めたすべてを取り仕切るシステムエンジニア部門が、社内外の折衝だけでなく、プランニング、実行、検証、運用後のフォローにいたるまですべて管理していく必要性が存在するのです。もちろん、企業活動での働きになるので人、モノ、金に限度があり、また期限まで制限されているわけです。

さて、これはマイナンバー制度での一例を挙げて語ったわけですが、この一例を見ても非常に複雑で難しいことがよくわかります。

これがずっと進化し続けるインフラであるインターネットを、システムエンジニアの管理が避けられないとなると、それは企業活動にとってまさしく難しい業務であることは間違いありません。当然ですが、プロフィットセンターではなく、コストセンターであるというとらえられ方をするわけです。人員や研修においてもある程度制限があるということが普通でしょう。