無線LANの選び方のポイントはこの3つ

近年、インターネットは欠かせない物です。現代社会は企業や一般家庭にまで幅広く浸透したインターネットの時代です。誰しも1度はPCに触れた経験はあるくらいにネットが普及しライフスタイルに応じてたくさんの方が利用しています。

PC、スマホ、タブレットなどの機器を、ケーブルを用いずにインターネット回線に接続する状態を無線LANと呼びますが、別にモデムやルーターなどとPCを直にLANケーブルで接続することを有線LANと呼びます。

無線LANを使うためには親機と子機が必要で、無線LANルーターといわれる親機がADSL回線や光回線などのブロードバンドモデムに接続しPC等に内蔵されている子機と電波通信してLANケーブルがなくても家の中のどこにいてもインターネットに接続できる環境の事を言います。

そこでどのような無線LANを選べば良いかと言いますとポイントが3つありまして、規格の種類と無線子機の種類や、有害サイトブロック機能、こうした3つです。順を追って説明していきますと、無線LANの規格には、もっぱら5つあり、速度や周波数帯に違いがあります。無線子機の様式には無線LANカード、ワイヤレスUSB子機、イーサネット変換器、プリントサーバというものがあり、デバイスによって接続の仕方は異なります。

有害サイトブロック機能とは文字通り害があるサイトをブロックする機能でことさらお子さんのいる家庭では危険なページを閲覧不可にしてくれる機能です。以上を考慮した上で無線LANを購入するわけですが、各メーカーから種類もデザインも価格も機能も様々な無線LANが発売されているので商品の決定には迷われる方が多いです。

そこで失敗しない無線LANの選び方をお教えしますと1番重視するポイントは最大無線速度です。

動画の閲覧も快適にサクサク見れますし、読み込みが遅いイライラも解消されます。あとは先述したような機能の有無、月額料金、消費電力、そして好みなデザインや大きさの順で調べ考えられます。本体価格もアクセスできる環境にもよりますが低額品でしたら2,000から3,000円の商品もありますので、自分のネット設備に合った無線ネットワークで快適なパソコンライフをお楽しみ頂けます。