海外に格安で旅行に行くツアーにはデメリットも認知しておきましょう

海外旅行は高いイメージがありますが、以前に比べて、最近は格安で海外旅行に行けるツアーやパックが多数出てきています。旅行先にもよりますが、旅行日時やある程度の制約によって、格安で利用できるような仕組みになっています。

まず廉価での海外旅行のメリットですが、それは何と言っても通常に比べて安価で旅行ができる点です。だいたいパックやツアーになっていることが多いので、ホテルなども自分で予約する必要がなく、現地での行動も全部お任せです。このようなパックやツアーの現地行動は、基本的には観光地を巡るツアーになっているので、個人旅行でも恐らく足を運ぶような場所です。

航空券や宿泊先、現地行動といった一切をお任せで自分では何も考えなくて良いので、旅行する身としてはかなり気分が楽です。中でも、海外旅行の場合言語の問題があります。英語圏ならまだしも、他の言語の国になると意思疎通が本当に困難です。その点、このようなツアーやパックなら、通常日本語が堪能な添乗員が同行しているので安心する事ができます。

次にデメリットの面を見てみますと、格安ツアーやパックの場合、出発の日時が大分制約されています。旅行会社にとって、人気がない月やシーズンにこのような格安ツアーやパックを作る事が沢山あるため、自分の希望する季節や日時では、これらのパックやツアーがない事もあります。飛行機などの手配においても全て行ってくれますが、格安会社の飛行機を使用する事も多いため、機内は狭くサービスも最高とは言えません。それでも数時間の移動だけなのでとあきらめられればいいですが、飛行機でのサービスや質を求めたい人には無理なパックとも言えます。

他のデメリットとしては、現地での自由行動において制限がある点です。殆どのスケジュールが事前に立ててあるので、その通りに旅行が進みます。途中、自分たちで別行動したいと考えても、そうできない可能性があるので最初に確認が必要です。上記のような、メリットとデメリットをよく認識をした上で、格安海外旅行のツアーやパックの使用の是非を判断する事が大事です。