必要最低限に抑えたい旅行の持ち物について

修学旅行などを入れると人間は、一生の間で必ずや何度かは旅行をします。その目的がバカンスであっても、仕事であっても、旅行というものは私たちの生活から切り離せないものとなっています。旅行の時に悩むのが、持ち物です。何を旅行先に持参するかというのは、大変重要なことです。旅行の持ち物は旅先が国内、国外で異なってきます。

旅先が国外の時、持ち物の必需品は、現金やカード類、各々の充電器、薬類です。

海外は日本ほど治安が良くない事から、現金やカード類を持つ場合も、一つにまとめてしまうのではなく、複数に分けて持つことをおすすめします。また、日本のような感覚でいるとスリ、泥棒に合う可能性が大きいので、旅行先によっては、靴の中に一定の金を隠しておくなどの工夫も必要です。そして、薬類は必ず携帯する事を推奨します。海外で体調が悪くなっても現地の薬で対応できるか分かりません。大抵飲み慣れていて心配ない薬が、最も良いです。

後は、カメラや携帯の充電器も必需品です。基本的に、海外旅行の際は必要最低限の持ち物にし、現場で購入できるものは現地で購入することを推薦します。逆に、現地で購入できない充電器や薬類は絶対に持っていく事が必要です。

それから国内旅行の場合ですが、国内旅行でも基本的に現地で買えるものは現地で買うことを勧めます。荷物がかさんで重くなると、それだけでも移動が大変になります。

心配になり念の為と荷物を増やしても、結局使わなかったり旅行先で安く買えたりする事もあります。車での旅行なら多少荷物が多くても問題ありませんが、公共機関の乗り物を利用しての旅行なら、手軽、身軽が一番です。国内なら、薬も必要最低限の量を持って行くようにし、現金があれば何とかなるという考え方がいいです。

旅行から帰る時は絶対にお土産で荷物が増えるので、そのような事を見越して旅行の持ち物を決める事をおすすめします。加えて、旅先で荷物が増えた場合は、旅先から宅配で荷物を自宅に送るという方法も活用すると便利です。

 

旅行の荷物はなるべく最低限に抑えたいものです、それには余計な物をもっていかないことが重要です。現地調達することが一番良いですが、現地で購入できるものはあるか、宿泊先に用意があったり、借りることはできるかなどを事前にきちんと調べておくことで荷物を減らすことができます。また、帰りの荷物も少なくしたいですよね。お土産はなるべく宅急便で送るなどすれば少なく済ませることができます。