歯医者の女医にしか分からない治療内容

歯医者での女性スタッフは受付と歯科衛生士だけ。そのくくりが近年で変化をもたらしています。女性も歯科医師の立場として治療を指導するようになっているのです。それは女性が職種関係なく働ける機会が増えているということで大変喜ばしい反面、何故女性の歯科医師が誕生したのでしょうか。

それはどうやら性別と関係があるようです。最終的に歯を治療してもらうという面では男性でも女性でも治療の早さに差はそれほどないと思われますが、もしその治療が女性らしさに影響するものであればどうでしょうか。性別によって物事を重視する考えも変化してくるため、意見が対立してくる可能性もあります。女性の意見を理解できず、男性の医師が治療を優先して、納得のいく治療ができなかったり、患者さんの中には意見を提示するのが苦手な女性だっているかもしれません。しかし、女性であれば女性医師の方から治療に関して女性らしさを尊重した意見をしてくれますし、男性に口の中を見られるのが苦手という方にもスムーズに対応してくれます。質の高い治療や短い通院で早く治療を終えることのできる医師が勤務している医院を選ぶのも一つの選択肢であり、決して間違いではありません。しかし、女性の歯科医師を在籍させることにより、女性ならではの視点で治療をすることが可能になり、結果的に歯科医院の充実さにも繋がります。この思いやりやプライバシーに関する部分も数ある歯科医院を決める上での選択肢になっていることは確かです。